ウォーターサーバーはアメリカなら余裕で訴えられるレベル

人気記事ランキング

ホーム > 子どもバレエ教室 > なぜバレエは外脚なのか

なぜバレエは外脚なのか

子どもの習い事として採用されることが多いバレエですが、なぜ外脚なのでしょうか。それは、演技の表現の幅を広げるためです。バレエでの表現の中には「ターンアウト」という表現があります。これは股関節から脚を外旋させる動作です。そのため、脚の外旋力をそのまま動力として体に覚え込ませ、そのテクニックを使いこなす事がバレエにとって最も重要な課題となります。ターンアウトを練習する事で、日常生活では使用しない特殊な筋肉が鍛えられます。子どもバレエ教室